メタルギアソリッド145 ~僕の名前はエンポリオ~

今日は待ちに待ったかも知れない球技大会があった訳だが


想像

雲ひとつ無い青い空!ギンギンに俺たちを照らす太陽!
そして熱風!まさに水球日和!!



現実

青い空がまったく見えない禍々しい色をした雨雲が覆う空!
外の気温は普通!水温は冷たい!
一年生の時の悪夢が再来した!




IYAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!!

まぁ、一年生の時は水温に慣れようと努力したんだけど
まったく慣れれずに寒中水泳的なものだったけど
今回は、少し泳げば慣れれる水温だったから
それが唯一の救いか・・・・・

いや、その救いも無残に砕け散ったかもしれんな
対戦相手が、やたら好戦的なのが多くて
デフェンスするとマジでぶん殴りそうなのもいたから
そんな楽しくなかったな(´・ω・`)
まぁ、最後の最後で自分が投げたボールが敵のキーパーの
顔面にヒットしたからよしとするk(ry


うん、体育祭に続いてあまりいい思い出は出来なかったかね
後、大きい行事と言ったら文化祭ぐらいかな
三年生だから、出店が出せるらしいから
テンションが高かったら真面目に客寄せしようかね
そうだ、モンハンと言う大きな壁があったなそういや((´∀`●))

まぁ、今日は疲れたので寝てきますわ(´・ω・`)ノシ











































































d0060940_1864438.jpg

こんな感じの工場には惹かれる物がある
[PR]

by kazekagezoku | 2007-07-13 18:07 | リアル  

<< メタルギアソリッド146 ~僕... 一万年と二千年前は生まれてなあ... >>